パソコン

持ち運び用のAtomの入ったラップトップ君で。

Posted on

パソコンの内部のなにか、大切な部分が壊れてると知って、数日。とりあえず情報を参照できるように、Atomのノートパソコン君を使うことに。

すると、遅いw CPUがやっぱりC2Dって偉大だったのだなぁと思わせられる。

 

次買うものは、次の打ちどれかにしようと画策中。

  • Mac系
    Mac系にするには、foobarに貯めておいたアルバムで1つになっているogg vorbisのファイルをバラバラにしないといけないなど、ちょっと面倒臭い。
    • iMac(14万程度)
      iMacは、デスクトップ用のいわゆる一体型PC。Macは、Appleがソフトウェアもハードウェアも作っているから絶対安定しているだろ、という感じで。モニタは、つなげれば問題ないか。
    • MacBook Pro(16万程度)
      持ち運べるようにするという仕組み。しかし、高いw
  • Windows
    • vaio(12万程度)
      ノートにすれば、ちょっといいかなぁと思ったし、マックより安いので。
    • 自作でデスクトップ(8万程度)
      現状の環境から、最も安く使えるだろう選択がこれ。モニタもあるし。ただし、なんかちょっと保守的すぎる感じがする。

 

とりあえず、iMacか、自作かなぁ、、なんて。。

ダンプファイルの分析と、ブルースクリーンの解析

Posted on Updated on

ハードウェアの故障っていう可能性が濃厚に。。。

 

今日はとりあえず、パソコンが吐き出してくれていたダンプファイルを調べてみることにした。すると、その回によってクラッシュするプロセスが違うし、なんかすごく嫌な予感がしてきたのだが、結局、とりあえずデバッグツールを使うことにした。

Windows用デバッグ ツールのダウンロードとインストール

こちらから、自分のパソコンの環境にあった(32bit,64bit)デバッグツールをダウンロードして、インストール。そのとき、Common Utilitiesという項目にあるDebugging Tools for Windowsをチェックしておくこと!←これをわすれてあとでインストールし直すはめになりました。

次に、インストール完了後、コマンドプロンプトを開く

わからない人は、Windowsキー+R → cmd (と入っても、昇格してたほうがいいんだけどね)

 

インストールしたフォルダーに移動

C:>cd “C:Program FilesDebugging Tools for Windows”

次に、適当なところにキャッシュフォルダを作る

C:………ows>mkdir C:symbols

そして、デバッグのツールを起動

C:………ows>windbg -y srv*c:symbols*http://msdl.microsoft.com/download/symbols –z c:WindowsMEMORY.DMP

 

ちなみに、「C:WindowsMEMORY.DMP」ここに、見つけたいダンプファイルの名前を入れればいい。もし拒否されたという旨のエラーが起こった場合は、そのダンプを別な場所にコピーした後、プロパティでアクセス権に、Everyoneを追加するなどしてアクセスできるようにする。その後、コピーのダンプをコマンドに載せる。

あとは自動的に検索してくれるのを待って、見つけたらそれを考えてみる事から始めてみよう。

追記:拒否されるという方は、管理者の特権がないためだと考えられます。

タスクマネージャーを起動し、すべてのプロセスを表示させてから、ファイル→新しいタスク→cmdと入力し、管理者で起動にチェックを入れ、エンター。このコマンドプロンプトで起動すると、おそらく拒否されなくなります。

デスクトップパソコン不安定の謎

Posted on

突然不安定になり始めたデスクトップ。どうしてなのだろうかと考えてみたら、やっぱりディスプレイドライバ系な気がした。

一応Ubuntu入れて別のOSもエラーを起こして止まるのかとか考えてたが、一向に止まらず。つまり、やっぱりWindowsの問題なのかなぁと。ということで、ディスプレイドライバを消して、再起動。

うん。これでやっとちゃんと動くだろう。そのままちょっとベッドに横になっていた瞬間。

パソコン「ぶつっ。。ニュウィーン」(起動音)

 

驚愕の再起動。なあ、WindowsUpdateだよなぁ、なぁ。。。。。(汗 と思いたかったが、やっぱり落ちていたよう。

 

ところで、nvidiaのGPUを搭載したグラフィックボードだったのだが、PhysXを切ればいいよ、とかいういろいろな話を聞いた気がする。ということで、PhysXを調べてみることに。

nvidia-設定。

dd2533kj

最初、このプロセッサがCPUになってた。もしやと思い、とりあえず、GPUに切り替えてみたら。。現状。フリーズ起こってないという結果に。

 

結論

もしかしたら、CPUに設定されたPhysXが悪さをしているかもですよ。

デスクトップパソコンが落ちまくってる

Posted on

ブルースクリーンが最近多発して、

0x0000124

 

とか仰ってたので、とりあえずググッてみることに。

こちらのページなんかには、なんか、CPUかメモリ周りになにか損傷があるとかないとか。

ちょうど、自作PC用に用意して使ってなかった
Vista Home Premiumがあったのでインストールしてみたところ
発生度が減少・・・原因把握の為に1日使ってみた。
それでも、やっぱりブルースクリーン吐いて落ちるので
イベントビュアーで確認すると、STOPコード:0x0000124とか
修正されたメモリエラーやらログにびっしり残っていた。
(その後、0x000009cを吐いたのでCPUと断定)
ブルースクリーンやイベントビュアーのエラー情報を元に
原因がCPU周りかメモリ周りまで絞り込み、
メモリはいつものmemtest86+で調べてもエラーが確認できなかったので

ひょえー。これはもしかして、メモリかCPU、、、!?これはこわい。って言うことで、近々メモリのテストをしてみようかと。。

 

そういえば、イベントビューアって便利。