PC

ダンプファイルの分析と、ブルースクリーンの解析

Posted on Updated on

ハードウェアの故障っていう可能性が濃厚に。。。

 

今日はとりあえず、パソコンが吐き出してくれていたダンプファイルを調べてみることにした。すると、その回によってクラッシュするプロセスが違うし、なんかすごく嫌な予感がしてきたのだが、結局、とりあえずデバッグツールを使うことにした。

Windows用デバッグ ツールのダウンロードとインストール

こちらから、自分のパソコンの環境にあった(32bit,64bit)デバッグツールをダウンロードして、インストール。そのとき、Common Utilitiesという項目にあるDebugging Tools for Windowsをチェックしておくこと!←これをわすれてあとでインストールし直すはめになりました。

次に、インストール完了後、コマンドプロンプトを開く

わからない人は、Windowsキー+R → cmd (と入っても、昇格してたほうがいいんだけどね)

 

インストールしたフォルダーに移動

C:>cd “C:Program FilesDebugging Tools for Windows”

次に、適当なところにキャッシュフォルダを作る

C:………ows>mkdir C:symbols

そして、デバッグのツールを起動

C:………ows>windbg -y srv*c:symbols*http://msdl.microsoft.com/download/symbols –z c:WindowsMEMORY.DMP

 

ちなみに、「C:WindowsMEMORY.DMP」ここに、見つけたいダンプファイルの名前を入れればいい。もし拒否されたという旨のエラーが起こった場合は、そのダンプを別な場所にコピーした後、プロパティでアクセス権に、Everyoneを追加するなどしてアクセスできるようにする。その後、コピーのダンプをコマンドに載せる。

あとは自動的に検索してくれるのを待って、見つけたらそれを考えてみる事から始めてみよう。

追記:拒否されるという方は、管理者の特権がないためだと考えられます。

タスクマネージャーを起動し、すべてのプロセスを表示させてから、ファイル→新しいタスク→cmdと入力し、管理者で起動にチェックを入れ、エンター。このコマンドプロンプトで起動すると、おそらく拒否されなくなります。

デスクトップパソコン不安定の謎

Posted on

突然不安定になり始めたデスクトップ。どうしてなのだろうかと考えてみたら、やっぱりディスプレイドライバ系な気がした。

一応Ubuntu入れて別のOSもエラーを起こして止まるのかとか考えてたが、一向に止まらず。つまり、やっぱりWindowsの問題なのかなぁと。ということで、ディスプレイドライバを消して、再起動。

うん。これでやっとちゃんと動くだろう。そのままちょっとベッドに横になっていた瞬間。

パソコン「ぶつっ。。ニュウィーン」(起動音)

 

驚愕の再起動。なあ、WindowsUpdateだよなぁ、なぁ。。。。。(汗 と思いたかったが、やっぱり落ちていたよう。

 

ところで、nvidiaのGPUを搭載したグラフィックボードだったのだが、PhysXを切ればいいよ、とかいういろいろな話を聞いた気がする。ということで、PhysXを調べてみることに。

nvidia-設定。

dd2533kj

最初、このプロセッサがCPUになってた。もしやと思い、とりあえず、GPUに切り替えてみたら。。現状。フリーズ起こってないという結果に。

 

結論

もしかしたら、CPUに設定されたPhysXが悪さをしているかもですよ。

デスクトップパソコンが落ちまくってる

Posted on

ブルースクリーンが最近多発して、

0x0000124

 

とか仰ってたので、とりあえずググッてみることに。

こちらのページなんかには、なんか、CPUかメモリ周りになにか損傷があるとかないとか。

ちょうど、自作PC用に用意して使ってなかった
Vista Home Premiumがあったのでインストールしてみたところ
発生度が減少・・・原因把握の為に1日使ってみた。
それでも、やっぱりブルースクリーン吐いて落ちるので
イベントビュアーで確認すると、STOPコード:0x0000124とか
修正されたメモリエラーやらログにびっしり残っていた。
(その後、0x000009cを吐いたのでCPUと断定)
ブルースクリーンやイベントビュアーのエラー情報を元に
原因がCPU周りかメモリ周りまで絞り込み、
メモリはいつものmemtest86+で調べてもエラーが確認できなかったので

ひょえー。これはもしかして、メモリかCPU、、、!?これはこわい。って言うことで、近々メモリのテストをしてみようかと。。

 

そういえば、イベントビューアって便利。

泣いている顔文字の涙に関する謎

Posted on Updated on

 

0mumtsf2

悲しすぎる(°̥̥̥ω°̥̥̥)

 

これが、最近つぶやいた記事。下に涙がだらだら流れている様子が見える。これをはじめてみたとき、はぁ・・?って思った。この長さ、謎だろw

っていうことで、調べてみた。

結果としては、次のとおりだった。

とりあえず、テキストエディタで保存し、バイナリエディタで開くと、このコードは16進数で「CCA5」というものだった。そして、Twitterのサイト自体や、対応しているページは文字コードにutf-8というものを使っている。そしてコード表を調べていたとき、次のページが出てきた。

UTF-8コード表(1)

CCA0系の部分にいろいろ下にちょこっと載っているものがあったりしているが、これはとりあえず適当にコピーして書いてみる。

A̡ A̠̠

image

ぉ、これは数学でよく見るハットだったりなにやらでないかw

要は、この手の文字は、文字に何か付加させるような意味合いを持つものらしい。そうすることで、いろいろ付加した文字が更に作ることができるようになる、という寸法だったようだ。そして、今回の場合はそれが何回も同じ所についていたため、その付加が何重にもわたって行われ、先のようになったのだろう。

 

調べて分かったが、将棋やら、麻雀のコードもあるようだ。