未分類

びくんびくん

Posted on

一緒に行くじぇねーにぇ って、ロシア語勉強中に空耳で一人で笑ってました。その内容も同じような意味だったわけで。。。ついでに今日1日外に出てない。食事も二食という全然動かないorz高校の時は一応歩いたし立ってたし、走ってたのに、学校から徒歩0分のここからだと全くもってうんどうにならないし、ヒョロヒョロ化が進むのかなぁ。

孫社長がツイッターはげのうたを見たり、アンサイクロペディアの自分に関する記事をみて

あちゃ~っ。誰か削除してくれ~っ。

とか

深い。

とか、なかなか面白い返答をしてました。。孫社長って結構格好良いなーって思ってみたり。

つぶやき。

さて、もうちょっと小さい頃はデスクトップのパソコンの方が好きだったけど、今はノートの方が好きかもしれない。消費電力が少ない方が好き。だから、MacBookProなんていいかなぁって思ったけど、Sonyで同じ性能が15万円とかで買えてしまうんだよねぇ。。。Macって格好いいけど。

あ、RealPlayer SPをFLVダウンロードのソフトとして使ってるんだけど、結構お気に入り。これより簡単にダウンロードできるやつがあるかなーって思ってた。

グラ―ドンが出てこないポケモンの映画と言えば

Posted on

久しぶりに書き込むかなぁ。。今日は14:30起床というすばらしい事態。

「一 昨 日」は、ちょっとポケモンの映画を見てきたわけです。。まず入ったときの感想としては、大きいお友達が少し居たぜ。。という。そういうことだったわけで。連れ(というか連れられ)の人が大きいお友達が居るんだから大丈夫とかいいやがるわけでした。。

 映画の内容は要は悪い+能力持ってるやつをちょっとこてんぱんにしましょうっていう内容だったけど、時間云々とその20年前に起こったという草木が枯れてしまう謎の現象や、セレビィが居なくなる等、伏線があり、最後はその物語の鍵となったゾロアークの能力がうまい具合に絡んでハッピーエンドな感じに終わりましたよ。。

という、楽しい内容でした。。

んー、子供向けだと多くはハッピーエンドとなるわけですが、クレヨンしんちゃんの戦国アッパレなんとかは確か100%ハッピーエンドでない終わり方をするので、異質だなぁってなった気がします。→kwsk

映画とかいろいろ楽しかったですよ。お休みに映画はどうですか、。

Wine、Xvfb、そしてfoobar2000、を使ったUbuntu上でのUPnPサーバー構築

Posted on

TAK形式とか便利だけどWindowsでしか使えないようなある意味マイナーな可逆圧縮形式のファイルを使えたり、Vorbisとか、アルバム単位でまとめられる形式を扱えたりするfoobar2000を使って、UPnPサーバーを作ろうかなとちょっと無茶をしてみました。利点として考えられるのは。。

  • TAK等のマイナーな形式や、アルバム単位のVorbisファイルなどをきちんと利用できる
  • Sambaサーバーと一緒にしておけば、ストレージの節約にもなる
  • このとき利用するfoo_upnpは、インターネットアクセスも可能なので、どこでも利用できる。

等があります。逆に、欠点として

  • 結局はWindows上の動作をシミュレートしているため、不具合が起こりうる
  • ハードの要件がまあまあ高そう。
  • Wine+Xvfb+SSHという、root権限の使えないサーバーだとあり得ないような要件。

などがあげられます。

と、やり方。。とりあえず、Xvfbとwineを入れましょう。

$sudo apt-get install xvfb wine

次に、foobar2000をダウンロードして、Portable Installを行います。さらに、foo_upnpもダウンロードし、componentsファイルに入れます。また、lame_enc.dllをダウンロードして、foobar2000.exeのあるフォルダに入れます。また、適宜必要なコンポーネント(takファイルのデコーダーなど、お好きに。)もダウンロードして、componentsフォルダに入れます。http control等があれば便利かもしれません。

そして、foobar2000をWindows上から設定します。変更する方がいい設定項目は、

Playback-Output の、Output Device

UPnP-Server-Basic SettingsのNetwork nameと、ポート。

UPnP-Server-Adavnced Settingsの、Internet Access欄

UPnP-Server-Streaming profilesで、foobar2000と、Default、さらにお好みで他の場合も、Transcoding to MP3をalwaysにして、Decoding to PCMをneverにします。

その後、wineの動作確認と、フォルダ形成のため、

$Xvfb :7 -screen 0 800x600x8 &
$export DISPLAY=:7.0
$wine notepad $

を実行して、その後、notepadのプロセスを消します。

その後、foobar2000一式のフォルダを~/.wine/drive_c/Program Files/上にコピーします。

$cp ./foobar2000 ~/.wine/drive_c/Program Files/

簡単に起動するように、適当な名前のスクリプトを作りました。。

#!/bin/bash

Xvfb :7 -screen 0 800x600x8 &

export DISPLAY=:7.0

wine ~/.wine/drive_c/Program Files/foobar2000/foobar2000.exe  >/dev/null &
exit;

これをchmod 755 (ファイル名)、 で実行すれば一通り、動作します。DLNAクライアントでその様子を確認出来ると思います。

ロシア語とか。。

Posted on

習ってみることにした。何故かって? ご察しください。

まあ、読み方が多少あれだけど。。

ж 下に舌をつけてジェー
В v

Ё yo
И i
Л l
Н n

Р r
П p
С s
З z

Х h
。。。みたいな感じで。。まあ、全然ちがくてびっくりしました。音価っていうのかな、音価は基本的に変わらない。

アクセントが単語に基本的に1つあって、そこを伸ばして読む。と。さらに、アクセント部分でないOはaにほとんど近い。また、例外はあるが子音が2つ並んでおり、前者の音の有声か無声かという事は、後者のそれに依存する。

っていわれた。ということでめもめも。。

約30年間ブザー音を放送し続けてきたロシアの放送局UVB-76が停止!?

Posted on Updated on

ロシアの短波放送局が人知れず流してきたブザー音が6/5日にはもう停止していたというらしい。この施設の名前はUVB-76とかいって、存在意義が謎と言われてたそうで。。ブザーの放送しかしないから、ザ・ブザーとも呼ばれているらしい。

Wikipediaによると、

通常の放送

『ザ・ブザー』は、少なくとも1980年代初期(1973年からという説もある)から、2秒おきに短い電子音を繰り返し放送しており、1990年初頭ごろに、ブザー音へと切り替わった。2003年1月16日から一時期に、音程が高く長い(1分間に約20秒のペース)ブザー音に変更されたが、後に元のブザー音に戻されている。ブザー音は正時1分前になると、途切れのない連続音に切り替わる。この連続音は、ブザー音が再開されるまでの1分間の間続けられる。

ときおり、かすかな雑音や会話音がブザー音の背後に聞こえることがある。これは、ブザー音が録音放送や再生装置によって自動送信されているというよりも、ブザーを発生させている装置からマイクを通じて常時生放送していると言う事を示している。

この放送局の送信機は、ロシア連邦のゼレノグラードとソーネチノゴルスクの中間、モスクワの北西40kmに位置するポヴァロヴォの、ロジェキと呼ばれる小さな村の近郊(56°04’58” N/37°05’22” E (56.08 N/37.08 E))にある。この位置とコールサインは、1997年の最初の音声放送まで明らかになっていなかった。

その目的もまた、不明である。UVB-76の情報(サンプル音声など)を提供しているあるウェブサイトは、この放送局の目的について、「モスクワ軍管区の部隊と新兵募集センターに命令を送信している」と主張している。しかしながら、何らかの意味ある単語や数字のメッセージが放送されたにせよ、それ以前に少なくとも15年間に亙って単純なブザー音が送信され続けたので、この主張は確証がなく、また疑わしい。

マイクを通してって言うところが無駄だし、謎が謎を呼んでるというか。。

実際の音はこちら。

2012/01/07追記

再び放送が再開されているとの話ですよ。

とりあえず生存報告

Posted on

生存しています。まあ、進学とかの変わり目は忙しいと思うのですよ。

ネット開通祝いということで。

この正月、、お年玉がくるよ

Posted on

こんにちは。いろいろと欲しいものを見て回ってたら、9800mAhっていう商品名のバッテリーがありまして。これで2000円だったのですが、、どうなんでしょう。小さく700mAhとか書いてるっぽいのですが、どういうことかなと。仕様にも5V 700mAhと。。何が本当なのかよく分からないというね、そんな感じでした。

あけましておめでとうございます。

Posted on

来年もよろしくお願いします。とかつまらないことを連呼してたら死ねって言われた。

ということで、明けましておめでとうございます。なんというか、怒涛の年のはじめというか、、、そんな感じでしょうか。受験生という特性上、個人的にはそうなのですが。

 今日はバスで通学したのですが、帰りの道で踏切につかまっちゃって、その踏切の待ち時間が異様に長いのですよ。しばらくしないと来ない踏切。心配性か何かだと思うのですが。しかもその踏切を通る電車が2両とか3両とかいうのがまた神経を逆撫でてくれる感じでした。

タンジェントって何なの?死ぬの?

Posted on

数学IIIをいろいろ勉強することが最近は多いのですが、その中の微分積分のパズル感覚は異常だなーとおもう今日この頃。

—-次の日。

忘れ物をしないように、どうしても目に付く机の上に鞄を置いてる。そうすれば鞄の中に例の重要な書類を入れておくことを忘れる恐れがほとんどなくなるわけで。。

Vmware Playerを入れてみた。

登録が面倒くさかったのですが。。無料でダウンロードして、インストールしてみました。再起動してないから完了はしてないと思うけど。(ぁ

 インストールしたらLinuxいれて、22ポートを開放して監視してみようと、、、PHPの使える環境でも作ってみようかと思っています。

そんな感じで、では~。

さて、いろいろと片付きましたよ

Posted on

 なんか、久しぶりに書くなあ、。。と思う。

いろいろと、するべきことはし終わったので、物理的にごみすてをしてました。というのは、部屋の中にはいろいろと使いそうな冊子だったり問題集だったり。、、そんなのを適当に掃除してみました。

最近の幼稚なこと

 最近、非常に幼稚だとはなんとなく分かっているのですが、配られたプリントの誤字脱字に一喜一憂、というか意味もなく笑っちゃうことがあるのです。ある化学の授業で配られる先生お手製の、間違い探しをするという正誤問題対策のプリントを頂いたのですが、、。そのプリントがいわゆる地雷でした。

~に~を入れると沈虎する

こんな題だったのですが、なぜか沈殿が沈虎になっていて。。。うん。いったいこれはなんてよむんですかー。って感じだったわけです。まあ、とりあえずこれだけなら他愛もないミスなわけですが、次の2行なんかまとめて沈殿が沈扱とかになっていて。。さらに極め付けにまた数行下に。。不可解なものが。。

~さぴが発生する

さぴってなんですかー先生。はい。人間って意外性のあるところで笑うらしいですけど、、、なんじゃこりゃ。

いろいろブロモっていうところがプロモになってたり、結構間違いがあったわけで。なんというかその間違い方に物語性があるわけですよ。それでつぼっちゃいまして、恥ずかしかったなーって感じです。世の中には知らないほうがいいこともあるんだなーと思いました。それにしても、多分沈虎とか、サピとか、多分先生はかな入力で入力されているのだと考えてます。多分。ああかな入力をできるようになりたいなあ。と思いましたー。感想以上。