Aidos Kuneen (ADK)重くても買い注文入れる方法

Posted on Updated on

AidosMarket開きましたね。嬉しい。
その気持ちは皆同じで、同ページへ殺到している模様。そういうときは、別の窓口、APIを使いましょう!!!
ログイン後、API Accessの設定を進めて、
API KEYと API SECRETを取得してください。

 

上記を取得すると、devが開発してくれたAPIという仕組みを使って、Webページからではなくても注文を投げることができます。

買い注文を投げる仕組みを、取り急ぎPython3で作ってみました。
Python3 をダウンロードして、修正するところは修正して、「適当なファイル名.py」で保存して実行してみてください。

※サンプルコード。下記をきちんと入力してみれば、こちらの環境では動きました。

  • API SECRET
  • API KEY
  • ADK単価(commands[“limit_price”])
  • ADKのほしい分量(commands[“amount”])

※以下を実行して、実行した結果被害を被っても責任は負わないので、自己責任で実行してください。


import requests
from time import sleep, time
from collections import OrderedDict
import hmac, hashlib
import json
import base64

KEYS = {
"api_key": "ここにAPIKeyを記入", #keyを記入
"api_secret": "ここにAPISecretを記入" #secretを記入
}

commands = OrderedDict()
commands["market"] = "ADK"
commands["currency"] = "BTC"
commands["side"] = "buy"
commands["type"] = "limit"
commands["limit_price"] = 0.000001 #ADKの単価をBTCで
commands["amount"] = 0.02 #何ADK分購入するか

commands["api_key"] = KEYS["api_key"]
commands["nonce"] = int(time())

message = base64.b64encode(json.dumps(commands, separators=(',', ':')).encode("utf-8"))

commands["signature"] = hmac.new(KEYS["api_secret"].encode("utf-8"),
message,
digestmod=hashlib.sha256).hexdigest()

params = commands
response = requests.post("https://aidosmarket.com/api/orders/new", data=json.dumps(params))
data = response.json()
print(data)

#PythonのAPIラッパーを作りたい。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>