ファイル名を指定して実行活用術:0「ファイル名を指定して実行って…!?」

Posted on Updated on

run

「Win+R」キーを押すと出てくる、ファイル名を指定して実行ダイアログ。これ、意外と便利なんです。例えば、一発で目的のソフトやファイルを呼び出したり、できるようになります。そんな、ちょっと便利なファイル名を指定して実行を、使ったことない人にも知ってほしいため、書こうと思います。

 特に、普通のデスクトップPCをWindows8にアップグレードしてしまった人にもおすすめです!シャットダウンが簡単になると思います。

メニュー:

0「ファイル名を指定して実行って…!?」 <<この記事

1:「手軽に使えるコマンド」

2:「すでにあるコマンド応用編」


0.ファイル名を指定して実行って…!?

キーボードのWindowsキー(Altキーの左側の、ウィンドウズのマークが書いてあるキー)を押しつつ、Rキーを押しますと、ファイル名を指定して実行というダイアログが開くと思います。こういう押し方を、「Win+R」と略すことにします。

この画面に、ここにファイル名やプログラム名、もしくはインターネットのURLなんかを入れると、それらが開けるわけです。利点として、次のものがあります。

  • マウスを使わない
    • 例えば、 「スタート→すべてのプログラム→ワード」 この操作を、「Win+R」→「winword」というキー操作のみで行えるため、高速化を図れる。
  • デスクトップ上にウィンドウがあった場合でも、簡単にソフトを起動できる
    • デスクトップ上にしかないショートカットなども、全てキー操作のみで開くことができます。
  • ちょっと格好いい。
    • 一発で起動できるのは気持ちいいのではないでしょうか…?

0.1.どんな場所で使うのか

 例えば、Windows 8のシャットダウン、タッチできないディスプレイの方は不便だと思います。その時に登場するのが、Win+R→「shutdown /s /t  0」です。シャットダウンが行われます。※

 少し細工を行えば、ファイル名を指定して実行で、数値の計算も出来ます。結構いろいろな可能性を秘めているのであります。

One thought on “ファイル名を指定して実行活用術:0「ファイル名を指定して実行って…!?」

    […] 0「ファイル名を指定して実行って…!?」 […]

ファイル名を指定して実行活用術:1「手軽に使えるコマンド」 » 温度は斜め5度 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>