Day: 2011年7月24日

テニスのルールについて確認してみた

Posted on

大学のレポート出ててた、テニスのレポートについて確認してみた。

サーバー:最初に打つ人
レシーバー:受ける人

0:ラブ 15:フィフティーン 30:サーティ 40:フォーティ ゲーム

サーバーはとりあえず相手から見て左側から初めて、次に右側にうつる。それを繰り返して、5点以上の状態で、2点引き離せば1ゲーム。

1ゲーム終わるとサービスチェンジをする。また、2ゲームずつで、コートチェンジもする。ただし、最初の1ゲーム終了時にはコートチェンジする。

ゲームは、ゲームカウント5-5となった場合、おおよそタイブレークを行う。

タイブレークは、最初サーブしたら、レシーブしていない人がサーブする。左右行ったら、戻って、以下同様に行い、6ポイント終了時にコートチェンジを行う。

 

こんな感じですねはい。

ねおクエローカルインストーラー(笑)Ver2.0

Posted on Updated on

というか、ダウンロードできなくなっていたのでダウンロードできるようにした上で、更にちょっと変えてみました。(今ならCで作るのに…)

ダウンロ-ドは、こちらから。

※基本全部そうですが、このファイルを利用して追った損害や、不利益には、全ての責任を作者は負いません。ダウンロードしたときは、これに同意したとみなします。

 

変更点は次のとおりです

ねおクエローカルインストーラー ver2.0

[削除]wgetの検出機能を削除。

[変更]ダウンロード方法を、wgetからこちらのvbsに。

 

また、スクリプトを借りた、SQLの窓様ありがとうございます。

 

作りはかなりショボショボになってしまった。ファイルリストを作らずに、自分でコツコツと同じ事をするように変更したため。だから(笑)ってつけた。

特殊相対性理論について調べてみた

Posted on

ちょっとかじってみただけですが、wikipediaの、特殊相対性理論っていう項目を見た。詳しくよく分からなかったから、導入の部分だけでもと思ってみてみた。結構面白かったが、これは、考えた人すごいと思った。とりあえず、最初は光速不変の理由を調べたかったら、ここに行き着いた。と。

 

普通、相対速度によって、同じものが10m/sの速さで歩いていたら双方が動かないように見える。しかし、電磁波についてはそうではなかった。

さて、電磁波によって、接していないもの同士が影響する理由を、何かエーテルという物質がその力を受け渡すものだと昔は考えていて、それを検出するために、とある実験を行った。その結果、エーテルというものと、地球の速さの差はない、ということが分かった。

このとき、力学的に動いている物体同士は、相対的に考えられるという、相対性原理と、光の速さは光源がどんな運動状態でも不変な光速不変の原理が示される。

つまりこれは、光速に近い速さの物体にも、電磁波は不変でなければならない。この時ありうるのは、「その物体の時間の進みが変わること」を意味するのではないか。というもの。

 

ってことらしい。考える人すごいね。

引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/特殊相対性理論