メモ

数学とか物理とかの間違いに気づくこと(単位編)

Posted on Updated on

今日もちょっとした読み物を作ってみました。

数学の問題や物理の問題を解いているとき、ちょっと不安になる時があると思います。そのひとつには単位の次元を考えることが大切だったりします。結構初歩的なことかもですが、一応考えて行きましょう。

結論から言いますと、同じ単位(単位系)のもの意外を足したり等号で結んでいないかを確認しろ、ということです。

m[kg]a[m/s^2] = m[kg]g[m/s^2]h[m] とは普通なりませんし、逆に左辺に1[m]を掛けている場合も、その1[m]をしっかり書いておくと間違いが少なくなります。

 

単位は基本の単位を組み立てられてできている

 単位とは「を数値で表すための基準となる、約束された一定量のことである。」(wikipedia) ということですが、実際身近にはメートル、キログラム、後はボルト、ワット、ラジアン等色々あります。更にそれらの中にも基本単位と組立単位と、補助単位があります。現在日本でよく使われている単位はmksA単位系で、長さをメートル[m]、質量をキログラム[kg]、時間を秒[s]、電流をアンペア[A]を基本単位として使っています。これらを組み立てて他のニュートン[N]等の単位も作られています。

例えば、

F 1ニュートンは1[kg]の質量のものに加速度1[m/s^2]を加える量(F=ma)ですから、質量と加速度をかけてニュートン[N]=[kg m/s^2] とわかります。

 

間違いの理解とか

計算式、例えば

$latex  \frac{1}{2}mv^2 = mgh $$

という運動方程式があるとして、それぞれの単位を見ていきたいと思います。

左辺の単位は\frac{1}{2} m[kg] \times (v[m/s])^2 =K [kg\cdot m^2/s^2=J ]

となります。左辺も同様にm[kg] g[m/s^2] h[m] =U[kg\cdot m^2/s^2 = J]

と同じ単位となります。

また、同様に

\frac{1}{2}mv^2 + 1/2kx^2 = mgh

というように、足し算はいつでも単位が等しくなければなりません。また、単位系が違う場合も厳密には、例えば、カロリーcalとジュールJをたそうとした時には、どちらかに変換係数をかけなければなりませんから、結局そのまま足すことはできません。

例えば

100kcal + 500kJ= 100[kcal] \times 4.184[J/cal]  + 500[kJ]=918[kJ]

という感じです。

したがって…

同じ単位で足しているかどうか、単位は同じで比較しているかを確認していけば、最低限間違いは少なく出来るのではないでしょうか.

perl から Web ページを読み込む

Posted on

perl から Web ページを読み込む.

メモ、。。このページの内容を使えば、バスのシステムもうちょっと便利になるな、やっほー。

面白いコピペ見つけたからメモ

Posted on

Memo:

面白いコピペ見つけたw

て を 振 こ て せ ま る る も こ 歩 鳩
い 安 り れ い る た ゚ な 丶 の く は _,,_
る 定 な ら る と 丶 ど 自 首 こ 歩 /´o ヽ ┼┐ 白
゚ さ が の ゚ 振 ル し 転 振 と 行 ,.ィゝ l ││ ヒ
せ ら こ ら │ た 車 り で 時  ̄ヽ l │└ /ヾ」
る 歩 と な ム と に は 知 に l ヽ___
た く よ い ラ き 乗 丶 ら 首 / ,,…—`ニニニ==、,,__
め の り こ ン に せ 歩 れ を l / ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ l三三三>
と は 丶 と ナ も て 行 て 振 | iヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ/三三/”ー- 、
考 視 鳩 が │ 確 移 時 い り ヽ. ヽ、ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ.∠三=‐”´>‐–‐’
え 覚 が 知 で 認 動 以 る な ヽ、`”’ー‐—‐”’´_,,…–‐”’´
ら 情 首 ら 歩 さ さ 外 ゚ が `”ーッ–t_,r”’´
れ 報 を れ か れ せ に ら _/._/

ついでに、AA表示テスト

放射線系の基礎知識をまとめてみた

Posted on

放射線系の基礎知識をまとめてみました。n番煎じなところはあるかもしれませんが、基礎知識は書いてある場所が多いほうが見やすくていいと思ったので、書いてみることにします。間違いがあった場合はコメント欄にぜひお願いします。斜線部は、あまり重要ではない事柄です。

Read the rest of this entry »

Ramdisk使ってみたよ

Posted on

あー、テスト前。時間ねぇw

 

Ramdisk使ってみたよ。せっかく8GBあることだし、1.5GBくらい使ってみた。

Dataram Ramdisk

これが、64bit版のWindows 7とかでも使えるということで。使ってみた。お勧めですよ。スリープなどにも対応。

 

ついでに、これがCrystal diskmarkの結果。シーケンシャルが3386MB/sとかいうのは本当にすごい。

———————————————————————–
CrystalDiskMark 3.0.1 x64 (C) 2007-2010 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
———————————————————————–
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :  3386.326 MB/s
          Sequential Write :  4121.491 MB/s
         Random Read 512KB :  3198.602 MB/s
        Random Write 512KB :  3795.395 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :   389.744 MB/s [ 95152.4 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :   316.272 MB/s [ 77214.7 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :   362.391 MB/s [ 88474.4 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :   304.705 MB/s [ 74390.9 IOPS]

今日はこのへんで。

母艦のマザボとCPU,メモリを換装

Posted on

母艦を換装しましたよ。

こちらの記事に書いているように、構成は

CPU:Core i5 2500K
M/B:P8H67-V Rev3.0
MEM:バルク DDR3 SDRAM 10600 4GB*2

 

元々の構成は

CPU:Core2 Duo E6420

M/B:MSI Neo-F 7360

MEM:バルクDDR2 SDRAM 8000 1GB*4

 

これらって、いろいろ比べてみると、ぜんぜん違うように思ったけれど、操作感は変わらなかったw なんかちょっと残念w

マザボと、CPU、メモリの換装をすることになった

Posted on

最近、パソコンが壊れてしまい、ちょっと残念だったのですが、昨日新しくマザボやら何やらを換装することにした。

構成

CPU:Core i5 2500K
M/B:P8H67-V Rev3.0
MEM:バルク DDR3 SDRAM 10600 4GB*2

いわゆるSandy Bridgeというやつかな。本当は省電力な2500Sがほしい気もしたんだけれど、このCPUとこのマザボのセットが安かったのでこれにした。Dosparaで、CPUとマザボ2つ合わせて27,000円くらいだった。メモリも今安いらしくて、3980円で買った。

何をしようか。。

メモリとか予想外に8GBとかなので、どうしようかちょっと迷ったりしてるわけで。まあ、仮想PCを起動させられるのは明らかなんだけど、おそらくRamdiskを構築していろいろ例えばインターネットのキャッシュとかをそこにいれるようなかんじにしようかと思っている。

どうせ入れるのはWindows7だろうし、Ubuntu入れても現在の環境だとそんなに恩恵を受けないし。基本Ubuntuに移行するとしたら、foobar2000用のtakファイルやvorbisファイルをUbuntuのソフトも扱えたり、もしくはこっちで全部変換した時かなぁと。

持ち運び用のAtomの入ったラップトップ君で。

Posted on

パソコンの内部のなにか、大切な部分が壊れてると知って、数日。とりあえず情報を参照できるように、Atomのノートパソコン君を使うことに。

すると、遅いw CPUがやっぱりC2Dって偉大だったのだなぁと思わせられる。

 

次買うものは、次の打ちどれかにしようと画策中。

  • Mac系
    Mac系にするには、foobarに貯めておいたアルバムで1つになっているogg vorbisのファイルをバラバラにしないといけないなど、ちょっと面倒臭い。
    • iMac(14万程度)
      iMacは、デスクトップ用のいわゆる一体型PC。Macは、Appleがソフトウェアもハードウェアも作っているから絶対安定しているだろ、という感じで。モニタは、つなげれば問題ないか。
    • MacBook Pro(16万程度)
      持ち運べるようにするという仕組み。しかし、高いw
  • Windows
    • vaio(12万程度)
      ノートにすれば、ちょっといいかなぁと思ったし、マックより安いので。
    • 自作でデスクトップ(8万程度)
      現状の環境から、最も安く使えるだろう選択がこれ。モニタもあるし。ただし、なんかちょっと保守的すぎる感じがする。

 

とりあえず、iMacか、自作かなぁ、、なんて。。

デスクトップパソコン不安定の謎

Posted on

突然不安定になり始めたデスクトップ。どうしてなのだろうかと考えてみたら、やっぱりディスプレイドライバ系な気がした。

一応Ubuntu入れて別のOSもエラーを起こして止まるのかとか考えてたが、一向に止まらず。つまり、やっぱりWindowsの問題なのかなぁと。ということで、ディスプレイドライバを消して、再起動。

うん。これでやっとちゃんと動くだろう。そのままちょっとベッドに横になっていた瞬間。

パソコン「ぶつっ。。ニュウィーン」(起動音)

 

驚愕の再起動。なあ、WindowsUpdateだよなぁ、なぁ。。。。。(汗 と思いたかったが、やっぱり落ちていたよう。

 

ところで、nvidiaのGPUを搭載したグラフィックボードだったのだが、PhysXを切ればいいよ、とかいういろいろな話を聞いた気がする。ということで、PhysXを調べてみることに。

nvidia-設定。

dd2533kj

最初、このプロセッサがCPUになってた。もしやと思い、とりあえず、GPUに切り替えてみたら。。現状。フリーズ起こってないという結果に。

 

結論

もしかしたら、CPUに設定されたPhysXが悪さをしているかもですよ。

テニスのルールについて確認してみた

Posted on

大学のレポート出ててた、テニスのレポートについて確認してみた。

サーバー:最初に打つ人
レシーバー:受ける人

0:ラブ 15:フィフティーン 30:サーティ 40:フォーティ ゲーム

サーバーはとりあえず相手から見て左側から初めて、次に右側にうつる。それを繰り返して、5点以上の状態で、2点引き離せば1ゲーム。

1ゲーム終わるとサービスチェンジをする。また、2ゲームずつで、コートチェンジもする。ただし、最初の1ゲーム終了時にはコートチェンジする。

ゲームは、ゲームカウント5-5となった場合、おおよそタイブレークを行う。

タイブレークは、最初サーブしたら、レシーブしていない人がサーブする。左右行ったら、戻って、以下同様に行い、6ポイント終了時にコートチェンジを行う。

 

こんな感じですねはい。